パリ7区にあるロダン美術館


パリお気に入りの美術館

パリ7区に位置するロダン美術館は、私がパリに住んでいた頃によく訪れていた場所です。この美術館は18世紀に建てられた美しい邸宅風建築の中にあり、実際にロダンが晩年を過ごした場所でもあります。ロダンや他の芸術家の作品が、その館内には所狭しと展示されています。

“パリ7区にあるロダン美術館” の続きを読む

爽やかなカクテルとソフトドリンク

夏のパリのカフェで楽しむ、爽やかなカクテルとソフトドリンク

太陽の光が長く続き、夕方まで明るい日々が訪れると、思い出すのがパリのカフェのテラスです。フランスでは季節によって日照時間が大きく異なり、夏には夜9時ごろまで明るい日々が訪れ、人々はディナー前の時間をカフェで楽しんでいます。

 

私が好きな飲み物は、パナシェというビールカクテルです。ビールとレモネードを割った、ほんのり甘くて爽やかな一杯です。それともモナコ。こちらはビールとグレナデンシロップを割ったカクテルで、美しいルビー色が夏の夕暮れにぴったりです。

 

アルコールが欲しくない時には、ディアボロマントがおすすめです。ミントシロップをソーダで割った、爽やかな緑色が目を楽しませるソフトドリンクで、ミントの風味と甘さが夏の暑さを癒してくれます。

パリとわたしたち

 

フランス、特にパリという街は、私たちにとって、とても魅力的な街でした。シンメトリーが意識された街並みや、歴史ある石造りのアパルトマン、そしてそのアパルトマンの窓から覗く個性的で洗練されたインテリア、間接照明、ショップのショーウィンドウのディスプレイは、私たちとは異なる文化やセンスがミックスされて、とても新鮮に感じました。街を歩くだけで、パリジャン、パリジェンヌのエスプリを感じられるような気がしました。  

その後、パリのマダムたちの美意識やセンスに触れた時、彼女たちの大胆かつ斬新な美しいディスプレイや商品構成にも新鮮な驚きを感じました。一つ一つの物を美しく魅せるための配置や、ライフスタイルへのこだわり、日常の中で美しいものや素敵なものを取り入れる”Art de vivre”を感じさせてくれました。